メニューへジャンプ 本文へジャンプ
東栄株式会社

トップページの中の 凍結保存試料輸送容器北極急送


液体窒素凍結保存試料輸送容器 /北極急送

北極急送は試料を凍結保存したまま輸送することが可能なドライシッパーです。シンプルに凍結保存試料を輸送する北極急送の他、輸送容器と凍結保存容器を兼用可能な北極急送Dual(デュアル)や、感染性物質の世界的輸送に関するIATA(国際航空運送協会)とUN(国連)の認証を受けた北極急送IATAもございます。液体窒素を吸収素材に吸収させて凍結状態を維持するため、輸送時の液体窒素流出を防止します。輸送中の衝撃から容器を守る輸送ケースが付属しています。

【用途・使用例】
凍結細胞の輸送
各種凍結試料の輸送

【凍結保存試料輸送容器/北極急送】

・液体窒素を吸収素材に吸収させることで、輸送時の液体窒素流出を防止し低温を維持します。
・輸送時の貨物取り扱い時の揺れや振動から容器を守る輸送ケースが付属しています。
・蓋には鍵をかけることができセキュリティも万全です。

【【IATA・UN認証凍結保存試料輸送容器/北極急送IATA】】

・感染性物質の世界的輸送に関するIATA(国際航空運送協会)とUN(国連)に認可されています。
・液体窒素を吸収素材に吸収させて輸送することで容器からの液体窒素流出を防止します。
・多数の試料輸送が可能、保護用の輸送ケースも付属しています。
※海外輸送時はIATAまたは国連の輸送規定をご確認ください。

【凍結保存試料輸送兼凍結保存容器/北極急送Dual】

・1台で輸送容器・凍結保存容器の使い分けが可能、保護用の輸送ケースも付属しています。
・輸送された容器でそのままバイオケーン同様に試料を凍結保存できます。
・液体窒素を吸収素材に吸収させて輸送することで容器からの液体窒素流出を防止します。
※輸送に使用したDualを凍結保存容器として使用する際は輸送時の衝撃による真空漏れにご注意ください。


 
【内部イメージ】液体窒素は内部の吸着素材に保持されるため、輸送中に液体窒素が流出することがなく、口をふさぎ蒸発を防止するように蓋が配置されています。北極急送5・10はバイアルをケーン(別売)に取り付けてキャニスター(缶)に収容します。 【本体を衝撃から守る輸送ケース】輸送時の揺れや振動から容器を守る輸送ケースが付属しています。容器への衝撃によるごく小さな穴(ピンホール)の発生による真空漏れを防ぎ、容器の真空断熱効果を保持します。

 
【北極急送Dual(デュアル)】 【北極急送IATA】

 

 

 

【使用上のご注意】●液体窒素の取り扱いは防護手袋を着用するなど、液体がかからないよう十分にご注意ください。●液体窒素は絶対に肩口まで注入しないでください(北極急送Dual)。●液体窒素注入時は容器口元に液体窒素がかからぬようご注意ください。●初回使用時や常温容器への多量の液体窒素の注入、移動・輸送時の衝撃による傷は真空漏れの原因となります。●液体窒素の取り扱いは液体窒素蒸発による酸素希薄化の危険性があるため、室内の通気性を確保した状態で実施してください。

【設置上のご注意】直射日光が当たる場所や冷暖房機の吹出口の直下など、温度変化の影響を受ける場所はお避けください。高温多湿の場所、人通りが多い場所はお避けください。埃が少ない場所、床が頑丈で水平な場所に設置してください。


凍結保存関連製品

液体窒素凍結保存容器
ローケータープラス
液体窒素凍結保存容器
バイオケーン
液体窒素貯蔵容器
サーモ
液体窒素凍結輸送容器
北極急送


当ホームページのご利用時は【当サイト利用上のご注意】をご確認ください。


お問い合せ

TEL:03-5623-5681(代) FAX:03-5623-5682
お問い合せフォームはこちら
ページの終了