新製品●N95マスク再利用の滅菌をサポート●強制循環式オーブン SMO5-M

こんにちは。

今回は、コロナ禍で不足するN95マスクの再利用に貢献する
滅菌用オーブンのシェルラブSMO5-Mをご紹介します。

先日、アメリカ国立衛生研究所は
マスクのフィルター機能を維持した滅菌方法の一つとして
乾熱滅菌が有効であることを発表しました。
(乾熱滅菌による再利用目安:2回/同研究所調べ)
NIH Study Validates Decontamination Methods For Re-Use of N95 Respirators

シェルラブのSMO5-M強制循環式オーブンは、
同研究所が発表した70℃×60分のN95マスク滅菌サイクルを再現。
強制循環による安定した温度分布の維持により、
ムラがない確実な加熱を実現しています。

【シェルラブSMO5-M製品特長】
■安定した温度分布でムラなく加熱(70℃時:±0.75℃)※1
■立ち上がりが早い加熱(室温→70℃:9分未満)※1
■取り出し時の接触回数を抑えられるスライド棚
■棚は0.5インチ(12.7mm)単位で高さを調節可能
■処理目安:1回でN95マスクを約60個※2
■広い加熱温度範囲、応答性に優れたPID温度制御
■チャンバーと棚は消毒しやすいステンレス製
■コントロールパネルにデジタルタイマーを装備
■単相電源を使用可能(付属の専用電源プラグを使用)
■ISO9001取得生産工場で製造(アメリカ製)
■滅菌用途だけでなく通常のオーブンとして使用可能
※1:付属アップトランス使用時(120V)。
※2:最大64個。マスクメーカー等の条件により異なります。

【基本情報】
■型番:SMO5-M(エスエムオー5-エム)
■外部寸法(w×d×h):79.8×71.4×98.6cm
■チャンバー内部寸法(w×d×h):53.3×49.4×52.7cm
■チャンバー容量:138L
■加熱温度範囲:室温+20℃~306℃※1・2
■温度均一性:70℃:±0.75℃※1・2
■温度制御方式:PID制御
■電源:120または115V※2
■電力:14A
■外装/内装:外装=ゲージ鋼/内装・棚=ステンレス
■付属棚枚数:4枚(12.7mm単位で調整可、取外し可)
■重量:94.3kg(梱包時117kg)
※1:アクセスポートのストッパー装着時の数値です。
※2:付属アップトランス使用。

加熱温度範囲が広く、温度均一性に優れているため
N95マスクの滅菌用途の他、通常の研究分析用オーブンとして
様々な加熱用途にご利用いただけます。

■カタログはこちら⇒ 強制循環式オーブン SMO5-Mチラシ

東栄ではその他にも多数の製品を取り扱っています。

【理化学製品】 凍結保存容器 ローケーター 小型電気炉 恒温水槽 CO2インキュベーター 嫌気性チャンバー 研究用プラスチック製品

※当記事公開時の情報です。