メニューへジャンプ 本文へジャンプ

凍結保存容器バイオケーン

本文の開始
製品とサービス

このページはトップページの中のサーモの中の凍結保存容器バイオケーンのページです。

サーモ


用途

バイオケーンは、ケーンに保存バイアルを装着し、 そのケーンを筒状のキャニスター(缶)に収納し保管する液体窒素凍結保存容器です。 各民間企業や大学研究所など、細胞・組織・ワクチンなどの安定保存が可能で、 様々な細胞研究をはじめとして幅広く使用され、 畜産関係においても人工授精サンプル保管などにも活用されています。 また、同社製品の凍結保存容器ローケータープラスと比較してシンプルな構造で、 コストを抑えた液体窒素凍結保存容器として知られています。

  • 腫瘍細胞や組織、培養株細胞
  • 精子や受精卵
  • リンパ球・血小板・骨髄・白血球
  • 動物の臓器・神経細胞
  • バクテリア・ウイルス
  • 植物の種子

凍結保存容器/バイオケーン



  • 付属キャニスターにクライオケーンを収納して、容器内で凍結保存します。
  • シンプルな構造で簡単にバイアルを凍結保存できます。
  • 真空断熱構造のため断熱性に優れています。
  • 液体窒素の液面レベルが5cmでも容器内部は-180℃に達します。
  • 耐久性に優れたアルミニウム構造で長期間安心してご利用いただけます。
  • 他試料の混入や紛失を防ぐために蓋に鍵をかけることができます。(鍵別)
  • 液体窒素容量や収納数に合わせて4種のサイズから選択できます。

  ※クライオケーン・バイアルは別売です。



  • バイアルをケーンに装着→ケーンをキャニスターに収納→キャニスターを本体に収納。
  • シンプルな構造なため取り出し・保管が簡単です。
  • キャニスターのグリップは色分けされているため試料の分類に役立ちます。
  • 6つのキャニスターが付属します。(バイオケーン73は8つ付属)

  ※クライオケーン・バイアルは別売です。

凍結保存容器バイオケーン仕様

品名 バイオケーン20 バイオケーン34 バイオケーン47 バイオケーン73
高さ(cm) 65.3 67.6 67.3 69.3
外径(cm) 36.8 47.2 50.8 55.9
口径(cm) 5.1※ 8.8※ 12.7 15.2
液体窒素容量(L) 20.5 34.8 47.4 73.0
液体窒素消費量(L/日) 0.10 0.18 0.40 0.60
保持日数(日) 227 193 121 121
空重量(kg) 11.8 15.4 17.7 23.6
液体窒素満杯時重量(kg) 28.2 43.5 54.5 87.3
キャニスター高さ(cm) 27.9 27.9 27.9 27.9
キャニスター高さ(棒含む、cm) 55.0 55.0 55.0 59.0
キャニスター径(cm) 3.8 7.1 10.2 12.7
バイアル収納数(a×b×c) 180 720 1512 2016
a:キャニスター数 6 6 6 8
b:1キャニスターあたりケーン収納数 5 20 42 42
c:1ケーンあたりバイアル収納数 6 6 6 6
型番 CK509X2 CK509X3 CK509X4 CK509X6
適合4輪輸送台車型番 AY509X9 AY509X9 AY509X9 AY509X1

※収納数はリキッドフェーズ(液相)でクライオスリーブを装着しない状 態での6本収納用ケーン使用時最大 収納数です。
※バイオケーン20・34には関連製品クライオクローは使用できません。



カタログダウンロード


凍結保存容器バイオケーン関連製品

4輪輸送台車
研究所内などの短距離の移動に最適。
詳細はこちら
クライオクロー
容器内に落下したバイアル回収用。
詳細はこちら
ディッパー
ごく少量の液体窒素の取り出しに使用。
詳細はこちら
   

【凍結保存関連製品】
凍結保存容器 ローケータープラス
液体窒素貯蔵容器 サーモ
凍結保存試料輸送容器 北極急送

ご注意

  • 液体窒素の取り扱いは防護手袋を着用するなど、液体がかからないよう十分にご注意ください。
  • 液体窒素は絶対に肩口まで注入しないでください。
  • 液体窒素注入時は容器口元に液体窒素がかからぬようご注意ください。初回使用時や常温容器への多量の液体窒素の注入、移動・輸送時の衝撃による傷は真空漏れの原因となります。
  • バイアル・ケーン・蓋用鍵は含まれていません。



サイズ、製品詳細、カタログ希望、価格照会など、お気軽にお問い合わせください。

弊社取扱製品は研究・実験用途に開発されており、医療目的での製品性能を保証するものではありません。

仕様・デザイン等は予告なく変更される場合がございます。 また、性能・仕様等の表記はメーカーの基準であり、 使用条件下での性能ではございません。

お問い合せ

TEL:03-5623-5681(代) FAX:03-5623-5682
お問い合せフォームはこちら
ページの終了