メニューへジャンプ 本文へジャンプ

ヘロラボ/東栄株式会社

本文の開始
製品とサービス

このページはトップページの中のヘロラボのページです。

ヘロラボ


ヘロラボ沈殿瓶・沈殿管はドイツのヘロラボ(Herolab)社が 製造する樹脂性の沈殿瓶・沈殿管です。 平底で250ml〜1000mlの容量がある円筒型沈殿瓶、丸底の円筒型沈殿管、 キャップに特徴があり密閉性に優れたオークリッジ沈殿管など、 各種沈殿瓶・沈殿管がございます。 液漏れ防止O-リングが付属した沈殿瓶はサンプルロスがなく、遠心機故障の心配もありません。 用途や様々な特性に合わせて最適な遠心沈殿瓶・沈殿管をご利用ください。

取扱商品一覧

ヘロラボの遠心沈殿瓶・沈殿管は ポリカーボネート[PC]、ポリプロピレン共重合体[PPCO]、ポリエチレン[PE]、 ポリプロピレン[PP]、ポリフロール[PF]といった材質で製造されています。 用途や様々な特性に合わせて最適な遠心沈殿瓶・沈殿管をご利用ください。
沈殿管 沈殿瓶



ヘロラボ沈殿瓶・沈殿管の材質

ポリカーボネート[PC]
温度限度:〜+121℃。
透明で硬質です。
注射針を貫通させることはできません。
中性塩類や弱酸溶液には耐性がありますが、有機溶剤・アルコール・油類・DMSO及びアルカリ性溶液に非常に敏感です。
沈殿管・沈殿瓶ともに反復使用が可能です。
キズやクラックをつけないように注意が必要です。
ポリプロピレン共重合体[PPCO]
温度限度:〜+125℃。
ポリプロピレンとポリエチレンの特長を備えた共重合体です。
接触透明で内溶液やペレットを肉眼で観察することができます。
遠心容器の材質としては平均的で万能な材質として用いられています。
連続した低温遠心に最適な材質です。
ポリエチレン[PE]
温度限度:〜+90℃。
アセトン・酢酸・塩酸を使用する技法に適した材質です。
不透明で内容液の目視が困難ですが、柔軟性があり、スライスや針の貫通が他の材質と比べ容易です。
低温遠心用としても適しています。
最高速度遠心を行なう場合は必ず満杯にして、蓋を閉めてください。
高熱に敏感なためオートクレーブ滅菌はできません。
ポリプロピレン[PP]
温度限度:〜+145℃。
耐化学薬品性と耐温度性に優れた半透明樹脂です。
低温で脆化するため、4℃以下での使用は避けてください。
実験方法として温度調整や反復の回転を要する場合、冷たい沈殿管・沈殿瓶については遠心作業前に実験時の温度に合わせることが重要です。
接触透明ですから内容液を肉眼で観察することが可能です。
ポリフロール[PF]
温度限度:〜+140℃。
通常遠心作業の温度で、酸類・塩基類・塩類及び有機溶剤に優れた耐性を有する樹脂です。
テフロンに似たポリフロール樹脂は優れた耐熱性を有し、低温遠心にも最適です。
半透明樹脂で、内溶液の水位を確認することが可能です。
数種の有機溶剤はフッ素樹脂を侵しますが、50℃以下では問題ありません。
最高速度遠心を行なう場合は必ず満杯にして、蓋を閉めてください。


ページの終了