メニューへジャンプ 本文へジャンプ

水銀灯ランプ規制・撤廃

本文の開始
製品とサービス

このページはトップページの中の 水俣条約による水銀規制・撤廃





水銀による汚染防止の対策に向けた「水銀に関する水俣条約」が、2013年10月に行われた国連環境計画(UNEP)の外交会議で採択・署名されました。この条約により、水銀を使った製品の製造・輸出・輸入が2020年に原則禁止され、今後水銀を使用した「水銀灯ランプ」などが規制されます。



・条約の目的
水銀及び水銀化合物の人為的な排出を削減し、人体に及ぶ健康被害や深刻な環境汚染を保護する事を目指している。

・規制の内容
水銀の製造と国際貿易を禁止。水銀の輸出は条約上で認められた用途のみ可能。輸入国の事前同意が必要となります。 水銀添加製品(蛍光灯などの照明[水銀灯、メタルハライド、セラミックハライド]、電池、計測器[体温計、血圧計を含む]、スイッチ、歯科用アマルガムなど)が規制対象となるます。 水銀ランプに関する規制は、一般的な照明用の「高圧水銀ランプ(HPMV)※」が対象となります。(水銀封入量が規制値[5〜10mg]以下のものは対象外)

※メタルハライドランプや高圧ナトリウムランプなどは含まれません。



2020年以降水銀ランプの製造・輸出・輸入が禁止になります
  規制されるのは製造・輸出。輸入です。現在ご使用、在庫を有しているランプは2020年以降もそのままご使用いただけます。

一般的な照明用の「高圧水銀ランプ(HPMV)」は前面禁止規制
  ただしメタルハライドランプや高圧ナトリウムランプなどは含まれません。

蛍光灯などの照明ランプは水銀封入量を規制(5〜10mg)
  日本国内のランプは水銀封入量に関するガイドライン(日本電球工業会ガイド−007「ランプの特定有害物質使用制限ガイドライン」〔2011年10月14日改正〕)にしたがい自主的に減量化に努めてきたので、現時点ではほぼすべてのランプが水銀封入量の規制値以下になっています。

今回の条約を機会に水銀ランプから代替LEDランプへの交換をお勧め致します。


 

 経済産業省 - 水銀に関する水俣条約
 環境省 - 水銀に関する条約の制定に向けた国際交渉の状況
 一般社団法人 日本照明工業会 - 水銀に関する条約の制定について(PDF)

 
水銀灯を当LED照明に交換するだけで、400W水銀灯をご使用の場合、82.5%以上の電気を削減できる省エネLED照明です。工場や倉庫に最適で、交換工事も必要なく、水銀灯の安定器もそのままで交換可能。工場や倉庫を休業させることなくLED照明に切り替えることができます。もちろん電気代削減だけでなく水銀灯同様の明るさも実現しています。工場や倉庫に水銀灯を使用している場合、再点灯時の待ち時間も削減。長寿命のためメンテナンス負荷も軽減されます。

LED照明で大幅にランニングコストを削減

400W水銀灯と比較して使用電力はわずか17.5%。つまり82.5%の電気代を削減可能です。寿命も長く早期のコスト回収が見込めます。

 

水銀灯400Wの明るさを70Wで再現

高照度LEDで定評のある日亜化学工業のLEDチップを使用。明るさは水銀灯のまま。業界トップクラスの省エネの理由はここにあります。

水銀灯からの交換工事不要

水銀灯を外してLED照明に交換するだけで、特別な工事は必要ありません。安定器はそのままで導入可能。費用・稼働ロスを最小限に抑えられます。

LED照明だから環境にやさしい

二酸化炭素排出量も400W水銀灯に比べ82.5%削減。水銀灯からLED灯に交換するだけで低炭素社会の実現へ大きく前進。省エネ法対策に有効です。

LED照明は即時点灯

水銀灯は点灯に時間がかかりますが、LED照明は即時点灯。休憩時間のこまめな消灯で電気代を削減できるほか、点灯待ち時間のロスも削減できます。

LED照明は長寿命

当LEDチップの定格寿命は50000時間。水銀灯対比で5倍以上。1日10時間×1ヶ月20日使用の場合、20年以上という計算になります。

 

 

型番 HK-1 全光束 10,500lm(カタログ値)
消費電力 70W 6,000lm(実計測値)
入力電力 AC100〜240V 動作環境  -25℃〜55℃
高さ 290mm 湿度90%以下
直径 190mm 定格寿命 50,000時間
重量 1.8kg以下 色温度 5,000k
口金 E39 演色性 70Ra以上
照射角度 25・40・60・80・120° 保証 3年

 

・仕様・デザイン・価格変更および生産中止など、予告なく実施される場合がございます。
・納品までに期間を要する場合もございます。
・掲載の数値などは基準値につき、あくまでも選定の目安としてご覧ください。

 

お問い合せ

TEL:03-5623-5681(代) FAX:03-5623-5682
お問い合せフォームはこちら
カタログダウンロード
ページの終了