メニューへジャンプ 本文へジャンプ

マイクロ波試料分解容器

本文の開始
製品とサービス

このページはトップページの中のマイクロ波試料分解容器のページです。

マイクロ波試料分解容器は、独自のスリット部を設けた金属製の耐圧ジャケットに耐溶媒性の高いPFAバイアルを組み合わせた耐圧容器で、マイクロ波を直接照射して短時間に試料分解を行うことが可能になりました。また、家庭用電子レンジでも使用できるため、試料分解に要するコストと時間を大幅に削減することが可能になりました。従来の標準タイプの他、温度計のセンサーを差し込み、容器内の温度測定が可能な温度測定タイプもございます。

マイクロ波試料分解容器の特長

■家庭用電子レンジでも使用可能
各社のマイクロ波加熱装置だけでなく、家庭用電子レンジも使用できます (出力可変型のみ、高出力一定型は不可)。低コストでのマイクロ波試料分解が可能です。
■高圧での使用が可能
スリット入り耐圧ジャケットとPFAバイアルの組み合わせにより、 高圧での使用が可能になりました。
■内部容器に直接照射
スリット部を通して、バイアルにマイクロ波を照射することが可能です。 (スリット加工は特許認定)
■目視で観察可能
スリット部を通して、試料分解の様子を目視観察できます。 効率的な作業が可能になりました。
■容器内の温度測定が可能(温度測定タイプ)
容器上部のポートから温度計のセンサーを差し込んで内部温度を測定可能です。 (径1.6mmφのセンサーのみ)
■PFAフィルム加工
耐圧性を確保するため、下部には強化ガラス筒が組み込まれています。 容器破損などの危険回避のため、ガラス筒外側は補強のためPFAフィルムで加工されています。
■器具を使わず着脱
耐圧ジャケットはねじ式蓋のため、ドライバーやスパナなどの器具を使うことなく 手で組立て・解体が可能です。
■サビレックスPFAバイアルが付属
付属のサビレックス製PFAバイアル(30ml)の寸法に合わせて設計されています。 PFA容器の交換は、同PFAバイアルを推奨いたします。

温度測定タイプが登場 - 危険な加熱防止に貢献

耐圧ジャケット上部と下部、強化ガラス筒、PFA30mlバイアルで構成。ジャケットとPFAバイアルの蓋には温度計センサー挿入用のポートが加工され、市販の温度計センサー※を挿入することが可能。温度データが採取できることで、急激な温度上昇・内圧アップの危険を事前実験時の測定により察知できる他、実験における容器内部の温度データの収集に有効です。

上部のポート部分よりセンサーを挿入可能(径1.6mmφのセンサーのみ)。内部温度のデータ取りや、異常昇温による事故防止にも有効です。安全が確認できれば、標準タイプへの買い替えも判断できます。 PFA容器の蓋には下方向にセンサーカバーが連結。センサーカバー先端は塞がっているため、温度計センサーと容器内の試薬が触れない構造になっています。センサーカバーは消耗した場合でも交換可能です。

マイクロ波試料分解容器各部説明


■A:耐圧ジャケット上部
ステンレス製(SUS304)、ねじ式蓋
温度測定タイプにはポート加工(径1.6mmφのセンサーのみ挿入可能)

■B:ジャケット下部
アルミニウム製、スリット8箇所

■C:強化ガラス筒
外側にPFAフィルム加工、透明、内径31mm

■D:付属PFAバイアル
サビレックス製、容量30ml、内面丸底・外面平底
※温度測定タイプに付属するバイアルの蓋にはポート加工がされており、 蓋から下方向にセンサーカバーが連結されています。
サビレックスにはバイアルの他にも各種PFA製品がございます。


マイクロ波試料分解容器仕様

■ご注意
使用する電子レンジ・加熱装置は出力可変型のみ。高出力一定型は使用できません。
試料+試薬の合計量は5ml以上10ml以下で加熱分解して下さい。
濃硫酸および過塩素酸は試薬として使用できません。
温度測定タイプは径1.6mmφの温度センサーのみ使用可能です。
加熱中の温度測定はお避け下さい。

品名 マイクロ波試料分解容器 マイクロ波試料分解容器
A[標準タイプ] B[温度測定タイプ]
内容量 30ml(バイアル容量による)
最高使用温度 180℃
最高耐圧 1.5MPa
反応試薬合計量 5〜10ml
試料重量 0.1〜0.2g
試料分解時間 5〜15分
マイクロ波最高出力 100〜500W(家庭用電子レンジ使用可)※
サイズ 外径45mm×高さ80mm 外径45mm×高さ95mm
品番 MSV-030-01 MSV-030-10 MSVT-030-01
セット内容 ジャケット(1式)、 ジャケット(1式)、 ジャケット(1式)、
PFAバイアル(1個) PFAバイアル(10個) PFAバイアル(1個)

※試料と試薬の組合せによって異なります。初めは低出力での実験をお願いします。
ジャケットのみの販売は行っておりません。
バイアル・強化ガラス筒・センサーカバーは別途追加購入が可能です。ご照会下さい。
追加購入時の温度測定タイプのバイアルにはセンサーカバーは付属しません。

カタログダウンロ

ード


お問い合せ

TEL:03-5623-5681(代) FAX:03-5623-5682
お問い合せフォームはこちら
ページの終了